05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

あれから3ヶ月・・・

2018/05/17

前回の更新から約3ヶ月・・・


シノと、コハク・シズクの現在はと言うと


こんなに仲良くなりました!!


DSC_4850.jpg

 

うっ嬉しい+゚。*(*´∀`*)*。゚+


そして

猫だんごも復活!!


DSC_4841.jpg


成猫同士でもこんなに早く仲良くなれるなんて奇跡!?

 

予想以上に早い馴染みぶりで嬉しい限りです。




仔猫のように小さいシノさんですが

 

おそらく最年長と思われます。




仔猫から引き取ったコハク・シズクとは明らかに体格が違いますね。

 

(コハクはちょっと大きく育ちすぎてあれなんですけど(-_-;) )

 

外で生きる事がいかに過酷かと思ってちょっと切なくなりました。




うちに来た当初は、食べても食べても太らないし、

 

下痢や嘔吐もあって心配しましたが、最近は体調も安定して、

 

体温も上がってきたし、ちょっとポッチャリしてきました。




DSC_4910.jpg


鼓波久(コハク)、慈雫(シズク)、紫野(シノ)

 

みな優しくて、良い猫(こ)たちです

 

こんな良い猫たち他にいるでしょうか・゚・(つД`)・゚・(親ばか)


スポンサーサイト
23:32 ねこ =ΦxΦ= | コメント(0) | トラックバック(0)

紫野さんてっぺんとる!?

2018/02/21

紫野さんは日に日に馴染んで・・・

あれ?紫野さんどこ行ったかな?

ベッド?にはいない

こたつ?にもいない

窓際?にもいない

 

紫野さーん と探していたら

いつもは行かないてっぺんに居ました!w(゚o゚)w

 

*ゲージの上から顔出してるのが紫野さん、タワーの茶トラがコハクです

DSC_4702-2.jpg

 

この場所はシズク姐さんがよく居る場所なので、居る時に上がると怒られます(-_-;)

なので、遠慮して上がらずにいた場所。

でも最近はシズク姐さんとの距離もぐっと縮まってきたので、使ってても良いよって事になったのかな?

怒られないね(*'ω'*)♪

 

DSC_4679-3.jpg

 

てっぺんに乗ってる紫野さんは

気のせいかな?ちょっと嬉しそうに見えます+.(*'v`*)+

DSC_4705-2.jpg

 

良かったね紫野さん(o‘∀‘o)*:◦♪

 

最近は表情が大分変わってきたみたい

穏やかな顔になった気がします。

21:29 ねこ =ΦxΦ= | コメント(2) | トラックバック(0)

がんばれ紫野さん

2018/02/16

紫野さんが仲間入りして1ヶ月経ちました

 

紫野さんの性格が分かってきました(-∀-)

 

なかなかガッツあるんです〜(笑)

ゲージ生活10日程で自らゲージを出て、私のベッド下を寝床に決めた様。

急ごしらえで、敷物、ベッド、爪とぎ、トイレ、ご飯、お水を置き、

目隠しカーテンをセットして 紫野スペースを作りました。

 

DSC_4600-2.jpg

 

でもさ紫野さん、外よりましだろうけどそこ寒いよ?

 

身体が冷えちゃうので、夜は湯たんぽ と レンジでチンするカイロを置きました。

 

実は当初から血便が見られ、体温も少し低い様に感じていたので、

身体を冷やさないように気をつけていました。*勿論獣医さんに診て貰いました

 

更に数日後、緊張しながらもお部屋の中を探検して

ずっと気になって見上げてた、登りたくてウズウズしてた

キャットタワーに勇気を出して ジャ~ンプ!!

 

お気に入りのハンモックで寝ていたコハクがビックリして(゚Д゚;)

しっぽが ピーン!!  同じく驚いたシズクが↓このあと紫野さんを

上からつんつんして、紫野さんはタワーから落ちる事になります。(;´Д`A

 

line_1517146861230-2.jpg

 

お互いに気になりながらも、近づきすぎると緊張感が走る

そんな距離感が暫く続きます。でもケンカはしないので大丈夫そう

紫野さんもメゲすに少しずつ仲間に入って来てくれました。

 

更に数日で一緒にご飯を食べられるようになり

しっぽも上がってきて、オモチャで遊んだり、コハクと追いかけっこしたり

 

左から:コハク・シズク・紫野

DSC_4622-2.jpg

 

そして少しずつ、私にも馴れてくれたみたい

実はとっても甘えん坊さんだという事も分かりました(´∀`*)

 

DSC_4664-2.jpg

 

撫でる手を引っ込めようとすると怒られます(*’U`*)

最近では、枕元で寝ていたり、添い寝してくれるようになりました。

 

血便も見られなくなり、体温も上がってきて

少しずつですが、回復傾向です。

外で生活していた時の体の傷もありますが治ってきています。

 

好奇心旺盛でチャレンジ精神もある

賢いし、とっても良い子です。

優しい子です。

 

がんばれ紫野さん!

 

 

そうそう紫野さん

紫野さんの大切な一人娘(激似)は友達の家で愛されて、

のびのび成長中ですよ。

 

お腹出して爆睡中zzz

1516023154361-2.jpg


00:00 ねこ =ΦxΦ= | コメント(0) | トラックバック(0)

庭に猫の親子が住みついた 6

2018/02/06

「お母さん猫」は私の家族になりました。

 

お母さん猫 はこの1年程、時々見かけるノラちゃんでした。

沢山いる野良猫の中でもひときわ体が小さくて、雨の日はよくお隣の

お屋敷の軒下で雨宿りしている姿が丁度うちの庭から見えるので、

何となく気になって、記憶に残っていました。

 

この場所は、体の小さな彼女にしか入れない特等席でした。

 

DSC_0077-2.jpg

 

そんな野良ちゃんが「お母さん猫」になって、仔猫を連れて

私の庭に引っ越して来たのです。

 

小さな体で仔猫を守り育てていました。

いつも凛としていて、賢さと気高さのような物を感じていました。

 

篠突く雨の中でも消えることなく、力強く燃える紫色の炎

そんなイメージから 紫野(しの)と名付けました。

 

大分リラックスした姿を見せてくれるようになりました。

 

DSC_4645-3.jpg

 

明け方、目が覚めると布団の足元が重い

寝ぼけ眼で足元を見る・・・コハクかな?

・・・だけじゃなかった!

なんと紫野さんも!!

 

DSC_4632-2.jpg

 

のびてる紫野さん(3kg)と 小さくなってるコハク(6kg)

合計 9kgが乗っかってました。

 

幸せの重みでした+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 

 

猫たちの距離が少しずつ縮まって行ってくれる事を願って

関わった一つ一つの命を大切に愛して行きたいと思うのでした。

 

22:30 ねこ =ΦxΦ= | コメント(0) | トラックバック(0)

庭に猫の親子が住みついた 5

2018/01/26

12月の終わり頃、お母さん猫が全く戻って来なくなって数日・・・

近所を探してみても見つからず

色々と良くない想像がよぎります

 

そんな時、あるおまじないを教えて頂き早速やってみたのです。

ナギの墓前にも全て報告していましたが、「ご縁のある子なら導いてあげて」とお願いしました。

 

三日後・・・

 

お母さん猫無事帰還ヽ(≧∀≦)ノ

ウソみたいだけどホントの話です♪

 

もともと体が小さくて細かったケド、更に痩せてました。

 

それからは、毎日小屋に戻ってというか、ほぼ居る感じで、

私の手からご飯を食べるまでになりました。

一週間後の1/11の夜、この冬最強の寒波がやって来る直前

お母さん猫を捕獲しました。


この寒波の中、避妊手術の傷を負わせた状態ですぐに外に戻す気にはなれなくて、かといってお母さん猫が家と先住猫に馴れられなければ仕方がないのですが、私はお母さん猫を家族として迎える覚悟をして、コハクとシズクに「外に居るお母さん猫を家に入れるからよろしくね」と伝え、小屋ごと室内へ。

 

DSC_4580-2.jpg

 

コハクとシズクが意外な程静かに受け入れてくれました。

お母さん猫も静かで、覚悟してたのに拍子抜けってくらいでした。

 

こうして、庭に住みついた親子の猫はそれぞれ家猫になりました。


現在は・・・

DSC_4635-2.jpg

 

まだ緊張感はありますが、ケンカもせず、シャーもしないで

少しずつ距離が縮まってきています。

 

家に迎え入れてほんの2週間ちょっとでここまでになれたら

上出来なんじゃないかと

みな良い子達で、本当に嬉しいです。

 

ナギに愛された子供たちなので、他の子にも優しく出来るのかなと思うと、ナギにもありがとうねと改めて思うのでした。

 

そして、今回も多くの方々のご協力を頂いて、お母さん猫を無事家族に迎えられた事、改めて感謝いたします。

本当にありがとうございました。

00:00 ねこ =ΦxΦ= | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。