03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

春を迎えた庭

2014/04/30
〜壱ノ庭〜


 ** 不動産屋のお庭係りブログ **



お庭は日々成長し変化していきます。

落ち葉を掃いたり、お掃除したり、お水を撒いたり、それぞれの過程で
アパート も お庭 も輝きが増すような気がして、本当に愛おしいと感じます。

植物たちは生き物ですから、病気や害虫の心配もありますが、そんな時には
頼れる庭師さんに相談してサポートして頂いています。
 (このお庭を造ってくださったのは『庭匠 風彩』さん)




冬の寒さと大雪に耐えた植物たちが芽吹く季節がやってきました!!

見てください〜( *´艸`)
空の青に良く映えた木々の緑がとても美しいです。 


IMG00886_R.jpg        20140407_R.jpg




こちらは雪の日のお庭の様子です。

雪の積ったお庭も雰囲気があって素敵ですが、こうして比較すると
雪で柔らかな曲線が消えて石の直線が際立っているのがよく分かります。

印象が全然違いますね〜 

IMG00698_R.jpg     IMG01153_R.jpg 


朝日に輝く植物たちは本当に美しくて心が洗われます。

植物たちの成長を見ているとても嬉しくて・・・
ありがとう m(_ _)m って言いたい気持ちになります。

この先も季節が移り変わる毎に、また違った表情を見せてくれると思うので 、
楽しみにしつつ、大切にお世話していきたいと思います。



〜つづく〜

スポンサーサイト
23:53 庭-壱ノ庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

壱ノ庭の植物たち 〜 リシマキア 〜

2014/04/30
〜壱ノ庭〜


 ** 不動産屋のお庭係りブログ **



お庭の様子は日々変化していきます。

毎日、毎日変化があって、見る度に成長する様子が嬉しくて、
成長過程を見逃すまいと思ってしまう。

落ち葉を掃いたり、お掃除したり、お水を撒いたり、それぞれの過程で
アパートもお庭も輝きが増すような気がして、本当に愛おしいと感じるのです。


植物たちは生き物ですから、病気や害虫の心配もありますが、そんな時には
れる庭師さんに相談してサポートして頂いています。

『花が咲いた』とかではなくて、そこに至るまでの過程も私にとって は
とても大切な瞬間なのです。


今回は  リシマキア をご紹介します。


1月                 3月                 4月
リシマキア 20140303_R   IMG01078_R.jpg   IMG01304_R.jpg 

冬の間は少し色が変わるそうです(具合が悪いのかと心配してしまった)が
暖かくなるにつれご覧の通り、勢い良く成長してくれて気持ちがいいです。

同じ子とは思えないくらいの成長ぶりで、見ていて嬉しくなります(*´▽`*)

ちょっとマニアックな楽しみ方でしょうか?

( *´艸`)



〜つづく〜


>>続きを読む・・・
21:43 庭-壱ノ庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

ハナミズキ

2014/04/19
〜弐ノ庭〜



一年以上沈黙していたハナミズキが今年は咲きました〜

良かった〜良かった〜 (ノД`)・゜・。
  
   IMG01167.jpg 

壱ノ庭とは別のアパートの植栽で、こちらもお庭係りをしています。

ここは庭屋さんも別の方なので、ちょっと環境も違うのですが・・・

なかなか良い反応が見られず心配していましたが、今年は少し良いのかな??

植物達から良い反応が見られると嬉しいです( *´艸`)



また明日見に行きます(^_-)-☆

00:18 庭-弐ノ庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

希望の庭

2014/04/17
〜壱ノ庭〜



欧風
の建物
に自然に馴染んだその庭は
なぜか同時に 『 』  を感じる、不思議な優しい空間です。

目線を少し下げればそこは、冬の間も優しく風にそよぐ植物達が
見る人の心をも優しくしてくれるようです。

背の高い樹木たちにはまだ葉がありませんが・・・

庭師さんが言いました
 『冬は葉を落として室内に暖かい日差しを届け、
                  暑い夏は葉が茂って日陰を作ってくれる・・・』

最初に見た時に「優しい庭」感じた理由が分かりました。
庭師さんの細やかな配慮と優しさでできたお庭です。

沢山の蕾が静かに力を蓄えている、希望 に満ちたこの場所で、
入居者さん達の新しい生活が始まります。

IMG00886_R.jpg  

今後もこのお庭が 優しさ 希望 に満ちた庭であるように、
心を込めてお世話したいと思います。

入居者さんは勿論のこと、皆さんの心に届いて
幸せのお裾分けができますように。


〜つづく〜
>>続きを読む・・・
23:35 庭-壱ノ庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

優しい庭

2014/04/12
〜壱ノ庭〜


そのお庭との出会いは12月

建物はヨーロピアンスタイルでトータルコーディネートされ、
内装も外観も美しくて、可愛くて、それはそれは素敵なアパートです。

外構工事の完了に伴い、植栽が入る番が来ました。
楽しみに、楽しみに、待ちに待っていたこの日

あいにくの冷たい雨の中、庭師さん達がもくもくと作業をしていました。
お庭を担当されたのは
  『 庭匠 風彩 』 さん   

   

お庭の完成を見たのは後日のこと・・・。



     作業前_1

建物と道の間にぽっかりと空いた空間、石で区切られたちょっと冷たそうで
触れるとちょっと痛そうな・・・そんな印象の空間が、庭師さんの手によって
柔らかい印象の空間に変わっていました。



      庭師さん作業後_1

目に映った瞬間の 感動 は言葉に上手く表すことが出来ませんが
 
「なんて優しい庭だろう」と感じました
庭師さんの思いが伝わって来るような気がしました。

建物のこと
住む人のこと
外を行く人のこと
植栽達のその後のこと
植栽をお手入れをする人のこと

考えて、考えて、考えて・・・

そこに関わる全ての人への優しい気持ち ・・・
植物達への優しい気持ちが伝わってきます。

植えられた植物達も 喜び に満ちているように感じました。
きっと庭師さんが 思ってくれて、大切に扱ってもらったんだろうと感じました。

冬の完成でなので、樹木にはまだ葉はありませんでしたが、春の情景を想像
させてくれる程沢山の蕾や芽が、春が来るのを待っているのが分かります。

心が震えるような本当に素晴らしい体験でした。
本当に 感動 してとても幸せな気持ちになりました。

庭師さんが心を込めて作ったお庭を大切に、大切に
心をこめて育てていきたいと思いました。

(ただ一点・・・「自分の庭」でないことだけが残念ですけどね)




〜 つづく 〜

11:58 庭-壱ノ庭 | コメント(0) | トラックバック(0)

願いをこめて

2014/04/07
少し前の事ですが


小さなお子さんのいるご家族が

「子供の入院の為、一時的に離れ離れに暮らす事になり、
 お揃いのミサンガのようなものを探している」

というお話を聞き
良かったら・・・と作らせていただきました。

お子さん用を2本と大人用を4〜5本程ということで、
デザインや素材はお任せで自由に作らせていただきました。

コットンコード・ブレスレット 

まず、具合の悪いお子さんの体に触れる物なので、自然の素材を使用したいと思い
コットンコードを選びました。

グラスビーズは皆お揃いで、あまり大きくないもの(大きいとぶつけたりして痛いので)
ゴールドとブルーの2色が適度に別れつつ混ざっていて、「ウォーターメロン トル
マリン」
のようになっているものを選びました。

ウォーターメロントルマリン  には 『調和』 『両極のエネルギーのバランスをとる』
といった意味があるため(心や体や家族、すべての調和を願って)です。

小さな子供が親もとから離れて、兄弟とも離れているなんて、さぞ心細いだろうと思う
ので、色も優しい色を選びました。

ご本人に会う事が出来ないので、後でサイズを調整できる編み方に決めて
あとは、心を込めて編んでいくだけです

  「家族が早く一緒に暮らせますように」

  「元気になって、笑顔で帰ってきますように」

  指先に願いを込めて、ひと目ひと目編みました。



今までにも、色々作品を作ってきました
ヘンプ、アジアンノット、ビーズ、革、などなど・・・でも今回のように
誰かを思い、誰かの為になれと心を込めて作品を作るというのは初めてで、
制作中とても神聖な気持ちで、同時に誰かを思いながら作るという過程はとても
幸せな気持ちでした。

これから先も、作品を通して願いが優しく届きますように。

22:42 手づくり | コメント(2) | トラックバック(0)

最初に

2014/04/05

〜FC2へ 引っ越してきて最初のブログになります 〜

  風のように自由に心のままに綴っていきたいと思います。
  色々な出来事を超えて、また気持ちを新たにスタートします。



まずは感謝を

大勢の人の助けと支えがあって
今穏やかに日々を過ごせていることに感謝します。

小さなお庭の小さな花の蕾が少しずつ開くように
少しずつ、でも確かに、前に進みたいと思います。

23:05 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |